閑話休題:「メディアとヒトの誕生」つらつらと考える

 複雑系な話しをそのまま記述できて、そのまま理解してもらえればいいのだが、そうもいかない。n次元空間を2次元に投影する「ゲルニカ」さながらの日々。過去から現在に向けて直線で書いていると、方向性を見失うので、軸になる空間に碁の石を置くように書き進めている。

 で、調査もしないで放置していた「コンピュータの誕生からアランケイ」あたりを書いてみようと思い立ち、となるとメディア論あたりも整理しなきゃいけなくて、だとすると「活版印刷」と「西洋思想」あたりか、いやいや「言葉」ってそもそも、だとすると「ヒトが言葉を使うようになった経緯が」とたどることになったのが、今回の「ヒトの誕生」から「道具としての言葉」についてだった。「言葉」について語り出すと関係してくる「コミュニケーション」や「神経誕生から脳への進化」については別ルートで書くことにした。「脳」についてだって、「心の社会」や「思考のための道具」を読み返しておかないとコンピュータは語れないよなーと思いつつ。。。。。

 ヒトの誕生を探っていくと、「オルドヴァイ渓谷」という東アフリカの一箇所にヒトの祖先となるものたちが閉じ込められ、常にそこから類人猿たちが変異し旅立っていることに気づく。しかもそこは放射能にさらされ突然変異が起きやすい環境だった。これからも、いろいろなところに飛び火をしながら同じ韻をふみながらまとめることになるのだが、ここでも集中的に集められた実験場で、膨大な数の試行錯誤を繰り返して新たな複雑系を構築している。じゃあなぜ「オルドヴァイ渓谷」に閉じ込められるなんてはめになったのか?と当時の状況を調べてみると、地下マントルの上昇でアルプス山脈やらオルドヴァイ渓谷やら地質学的な異変が連続的に発生している時期だったこと、オルドヴァイ渓谷の火山爆発はリンなどの植物にとって豊富な栄養だったことなどが見えてくる。そこに我々の祖先は引き寄せられて、閉じ込められちゃったわけだ。地図を掲載しておいたけども周りを谷と火山に完全に囲まれてしまっている。つまり、ここから出てアフリカや中東、ヨーロッパに旅立って生き残るためには、相当に冒険精神とサバイバル能力にたけた進化をとげたものだけに限られるという強力な制約がかけられていたことになる。さて、この後、「ヒトは道具と共進化した」という仮説を検証しつつ、話しを進めることになる。チンパンジーだって道具を使う、じゃあヒトは何が違ったの?、加速度的な進化の原因は?と。仮説をたてて、書籍や論文を探して、仮説をたてなおしてという。未来を読み解くのと、過去を読み解くのはよく似ている。何かが発生するには、それにいたる原因、外部環境の変化や相互作用がある。幹となる仮説をもとに、周辺の仮説をたて、その時期の外部環境を調べ、書籍やネットに意見を求め、仮説を修正してたてなおして、ということを何度も繰り返す。

 よく、未来を読み解くのに、なぜこんな過去を掘り返すのかと意見をもらうのだが、過去の連鎖で続く未来を語るのに、過去を読み解いておかないと何も語れないというのが本書の主題。現在、ごくごくわずかな読者も離れてしまいそうな遠大な話に、今後ともおつきあいいただければ幸いです。

tag : フューチャーリテラシ, 複雑系, 未来, 人類誕生, メディア

「言葉」が変わると考え方も変わるということ(3)

 ヒトは生まれた後に何年もかけて「言葉」を覚え「意識」し、自身に問いかけ、そして他者とのかかわりの中でしだいに「語彙」と「文法」を増やし、社会生活の中で「言葉」と「意識」を作り変えてゆく。


●「言葉」使いとともに成長するヒトの「意識」


 ヒトは、誕生から3年、10年、20年以上かけて、「言葉」の扱い方を学習・習熟する。最初は親に自分の欲求を伝えるために、しだいに他者と協調生活をするために「言葉」使いを覚える。「言葉」の扱い方が変わるということは、脳内での意識(認識・想起・思考)の扱い方も変わるということだ。子供のころの高い感受性と好奇心は、「言葉」の習熟とともに論理と慎重さに置き換えられていく。「言葉」は、後天的に直接「脳」の働き方を変える特別な「道具」なのだ。


 「言語」「意識」して認識・想起・思考するための体内の仕組みであるにもかかわらず、ヒトが人口的に創り、改造し、世代を超えて伝えることができる「道具」でもある。「言葉」が変わると、脳内の均衡を保つためにヒトの「意識」の仕方も変わる


●「言葉」と「意識」の相互作用


 「石器」を創るためには「ヒラメキ」を「意識」する必要があり、その「ヒラメキ」を具体的な「段取り」に落とし込んで形にする「論理的な思考」が必要となる。大人が「道具」を作っているのを子が真似る際にも失敗しては学ぶ「論理的な思考」が必要だ。狩りにおいても、最初は家族、親類などの小集団だったものが、しだいに大集団で連携して獲物を追い立てるようになる。それぞれの必要に応じて「言葉」の「語彙」と「文法」が変化し、変化した「言葉」を使うヒトの「意識」の仕方も変わってゆく「言葉」は、「意識」というソフトウェアをのせて表現するための「プラットフォーム」なのだ。


 6万年前に発生した「言葉」の進化とともに、最初はゆっくりと、そして「言葉」と「意識」「社会生活」の相互作用により、加速度的にヒトの「意識」を、「道具」を、「社会」を変化させてゆくこととなる。

tag : フューチャーリテラシ, 未来, ミクロ・マクロ・ネット, 複雑系, 進化, メディア

「言葉」が変わると考え方も変わるということ(2)

 ヒトは、脳内の「イメージ」「感情」「意識」「経験」を「声の言葉」に乗せて相手とコミュニケーションをとりながら、「分業」とそれをつなぐ「言葉」を共進化させてゆく。


●「言葉」を相手に伝えるということ


 「言葉」は「思考」の「道具」であるとともに、他者・集団との「コミュニケーション」の「道具」でもある。


 「言葉」は、「音声」に翻訳することにより脳内にある「イメージ」「感情」「意識」「経験」外在化し、ヒトからヒトに伝えることができる。最初の「声の言葉」は「感情」の認識(意識)を外在化し、危険を知らせ、所有を主張し、愛情を伝えるものであった。「声の言葉」を発し、自分の発した「声の言葉」を聞き、相手の「声の言葉」を聞く。「脳内の言葉」と「音声の言葉」を関係づけるフィードバックループが外界と脳内との間で共鳴し、脳内の「意識」を再構築し続ける。


 話者は脳内の「イメージ」「感情」「意識」を「言葉」に翻訳し、「音声」に変換して発声する。聞き手は「音声」を受け取り、「言葉」に翻訳して、自分の脳内に話者の「イメージ」「感情」「意識」の近似品を再構築する。例えば、話者の頭の中に「棚の上のリンゴ」「相手」「自分のところに持ってくる」という「イメージ」があり、“棚の上のリンゴをとってくれ”という「言葉」に翻訳し、それを「音声」にのせて相手に伝える。それを聞いた聞き手は、「音声」から「言葉」に、「言葉」から自分の脳内の「イメージ」に翻訳する。そして、「棚」「リンゴ」を眼で認識し、「相手に渡す」ことを「イメージ」し、次に手を伸ばして「リンゴ」をとる動作に「意識」をうつす。


●「言葉」と「分業」の共進化


 一人で考えているだけならば「言葉」使いが曖昧でも問題ないが、相手に自分の考えていることを正確に伝えるためには困難な作業をともなう。「言葉」で表現できることの限界が、共同作業=分業の限界となる。「言葉」を覚えたばかりのヒトにとっては、「いっしょに狩りに行こう」と誘うだけでも難しい。身体的な能力や技能は個体の生死により進化するが、「言葉」は集団で世代を超えて伝えられ、人為的に改良され続ける。最初は家族内で、そして集団で狩りをする際の連携のため、そして火を囲み仲間と語らうため、徐々に複雑な内容を相手に伝えられるよう、話者は今使える「言葉」を組み合わせてなんとか伝えようと努力し、聞き手はその意図を理解するよう推論する。その繰り返しが、「言葉」と「分業」の進化を促す。


 ヒトは、「分業」を円滑に行うために「言葉」の「語彙」を増やし、新たな「文法」を構築し、「言葉」の進化がより多人数での細分化された高度な「分業」を促し、さらなる「言葉」の進化を進めるというサイクルを回す。そして、近代の複雑な役割と階層構造をもった「言葉」とともに、より高度に専門分化した「分業」が国家の文明・文化の発展を進めてゆく。


参考書籍:

[1]ガイ・ドイッチャー(2012), "言語が違えば、世界も違って見えるわけ", 椋田直子訳, インターシフト

[2]マイケル・トマセロ(2013), "コミュニケーションの起源を探る", 松井智子, 岩田彩志訳, 勁草書房


tag : フューチャーリテラシ, ネットワーク, 未来,, メディア, 複雑系

考えるって、どういうこと?

 ヒトは、外界や体内からの入力、「言葉」と「イメージ」の「記憶」をもとに、「感情」で即応し、「言葉=論理」で判断して行動する。


●情報統合のための「イメージ」


 「五感(外界)」「内臓」「骨・筋肉」で受けた刺激は情報として「脳」に運ばれ、大脳皮質で統合・抽象化し「イメージ」として脳内で再構成される。同時に発生する「イメージ」には、「感情」「意識」や「記憶」している「経験」から再構成されるもの、「イメージ」の相互作用により新たに構成される「イメージ」もある。「経験」は「イメージ」そのものや、それにともなって発生した「感情」「意識・非意識」「対処」などの組み合わせの「記憶」であり、必要に応じて「想起」される。


●即応装置としての「感情」


 「感情」は、「非言語」による「暗黙の意識(非意識)」であり、社会的なコミュニケーション手段であるとともに、同時に発生する複数の「イメージ」とその「相互作用」を評価し即時の対処をうながす即応装置だ。例えば、「傷」が発生すると、まず免疫系・内分泌系が反応し、次に「痛み」から形成された「イメージ」を評価し、非意識の「想起」から「恐れ」「嫌悪」などの「感情」を誘発し、傷口を押さえるなどでの止血の動作を即時に実行する。


 それと並行して逐次翻訳した「言葉」を使って「意識」して状況分的と対処にあたる。「感情」の危険信号を「言葉」として翻訳し、「これはカッターで切った怪我」であること「傷は浅い」ことを「認識(意識)」し、過去の「経験」を「想起(意識)」し、「論理的な思考(意識)」により「水でよく洗って、絆創膏をきつくはる」という行動を選択、実行する。


 「意識」は「非意識」と連結して「イメージ」を形成し、「記憶」し、必要応じて「想起(非意識)」して「感情」の誘発や、「論理的」な「思考(意識)」をサポートする。

 これらの一連の反応は「ホメオスタシス(恒常性)」:一定の状態を保とうとする働きであり、「傷」によってくずれたバランスをもどし均衡を保とうとする一連の反応だ。


●「言葉」による「論理的判断」


 「言葉」は、「イメージ」や「感情」や「経験の想起」などの相互作用を「認識(意識)」するための翻訳手段であり、「論理的」に思考(意識)するための道具だ。「イメージ」や「感情」を契機とする即時反応に比べて、翻訳や論理的思考の処理に時間がかかるが、より適切な反応を選択・実行することができる。


●「知識」と「暗黙知」の記憶


 「言葉」に翻訳された「経験」は「知識」として「記憶」され、「言葉」に翻訳されない「イメージ」は「暗黙知」として「記憶」され、必要に応じて「想起」し脳内の思考の連鎖に組み込んで活用する。


 そして、私たちは、「感情」と「思考」「暗黙知」と「知識」「非意識」と「意識」、「イメージ」と「言葉」のネットワークの連鎖のなかで考える。


フューチャー・リテラシー :インデックス


参考書籍:

[1] アントニオ・ダマシオ(2019), "進化の意外な順序", 高橋洋訳, 白揚社

  - Antonio Damasio(2018), "The Strange Order of Things: Life, Feeling, and the Making of Cultures", Pantheon



tag : フューチャーリテラシ、ネットワーク、言葉、意識

道具との共進化への道(4):「脳」と「道具」の共進化

 生命は環境変化に対処し、世代を超えて記憶する手段として「遺伝子」「進化」の仕組みを構築した。そして、ヒトは環境変化に対処し、世代を超えて記憶する手段として「道具」「道具とヒトの共進化」の仕組みを構築した。


●「脳」と「道具」の共進化


 「好奇心」が新たな環境への進出を促し、変化する環境に「道具」を使って適応する。「道具」環境変化に適応する手段としてだけでなく、世代を超えて受け継ぐ記憶手段でもある。「道具」の利用方法は、「道具」を介して大人から子供に受け継がれ、また「道具」を利用するものによって「再構築」「改良」される。


 「道具」はヒトの能力を拡張するとともに、エネルギーを効率的に利用するために「身体」の進化を促す。特に、「道具」をより良く活用し、新しい「道具」を生み出す「脳」の仕組みを獲得したものが、新しい地域で豊富な栄養を獲得して生存する。「脳」は生存のために有益な、内外情報の統合・翻訳・編集・フィードバックのための「感情」、「知性と論理」、「愛情」、「創造と美意識」「記憶」を徐々に獲得し、「道具」を使って得たエネルギーがそれを支える。


 「脳」が獲得した能力は、新たな「好奇心」を生み行動領域を拡大し、新たな「道具」を生み出す。「愛情」・「感情」がそれを欲し、「創造と美意識」がそれを発想し、「知性と論理」がそれを構築し、それの利用方法を「記憶」する。「道具」と「脳」の共進化がやがて家族への愛情を深め集団での狩りを効率化し、ついには宗教や音楽や会話によって団結力することとなる。

 

参考書籍:

[1] アントニオ・ダマシオ(2019), "進化の意外な順序", 高橋洋訳, 白揚社



tag : フューチャーリテラシ, 複雑系, メディア, ネット, 脳, 意識, 無意識

道具との共進化への道(3):残念な進化と脳の発達

 生物では、生き残る確率を高めた能力がプラットフォームとして残り、その上に様々な能力をつみあげ、時に辻褄合わせを繰り返しながら生き残ったものが今にいたる。


●「直立二足歩行」の辻褄合わせと「脳」の進化


 ヒトの「直立二足歩行」は、サバンナ化する環境で家族を養うために優位だが、その選択が様々な課題をうみだした。その典型的な例が、他の哺乳類にはみられない「難産」だ。「直立二足歩行」のために、産道がS字に曲がり、内臓を支え歩くために発達した筋肉が出産のじゃまをし、死の危険をおかす難産となる。脳容量の増加にともなって、胎児の頭が大きくなり、これもまた難産に拍車をかける。これに適応して、頭も体も未熟なうちに出産するようになり、親がいつまでも子供の面倒をみることで、家族の絆がさらに強まり、長い期間をかけて学習できるようになる。


 両手で食料を運べるようになったことは、家族を養うために優位に働く。そして、見知らぬ食べ物を開拓する「好奇心」が優位となり、チームで協力して獲物を追い詰めるなどサバンナでの狩猟採集のテクニックを高め、さらに「直立二足歩行」を鍛えることが優位となる。二足歩行とヒトのチーム連携が「サバンナでの長距離走」に役立つ遺伝子、「脱毛」、「脳の冷却」、さらに「水筒」の発明が「発汗で冷却」するものを優位にする。


肉食などにより豊富な栄養を取得できるようになり、大量にエネルギーを消費する「脳」を成長させる戦略を支える。一方で、「二足歩行」で走ること、「脳」の発達を優先したことにより、サバンナにおいて脆弱すぎる個体となり、集団での狩りが必須となる。高度なコミュニケーションを発達させる必要にせまられ、さらに「脳」「二足歩行」を発達させることになる。


 さらに、「二足歩行」は、性器を隠してしまった。性器が隠れてしまうと、発情期を検出しにくくなり、結果的に発情期を喪失する。発情期がわからない状態で、パートナーを探さなければならなくなり、双方の「コミュニケーション」によって交尾の意思表示ができたものが生き残る。こうした、「二足歩行」「栄養確保」「コミュニケーション」「脳」の共進化サイクルがぐるぐると回った結果「脳」が巨大化していくこととなる。


 「脳容量」は、440万年前のラミダスが300ccでチンパンジーの400ccよりも少ない。さらに250万年かけて2に(ハビリス)、次の100万年で3に(エレクトス)、それからわずか80万年後の20万年前に現代人=ホモ・サピエンスが5の(サピエンス)脳を獲得する。長い辻褄合わせの旅をへて、脆弱な体を補う特殊な「脳」を獲得したのがヒトという動物なのだ。


脳の容量

          「脳容量」の変化



「フューチャー・リテラシー インデックス」

参考書籍:

[1] NHKスペシャル「人類誕生」制作班(2018), "NHK スペシャル 人類誕生", 馬場悠男監修, 学研プラス

[2] NHKスペシャル「人類誕生」制作班(2018), "大逆転! 奇跡の人類史", 馬場悠男, 海部陽介監修, NHK出版

[3] 更科功(2019), "残酷な進化論 :なぜ私たちは「不完全」なのか", NHK出版

[4]デズモンド・モリス(1999), "裸のサル :動物学的人間像", 日高敏隆訳, 角川文庫



tag : フューチャーリテラシ、美意識、ネットワーク、未来、

道具との共進化への道(2):弱点だらけの草原進出

●家族、二足歩行、チャレンジ精神、コミュニティの共進化


 ゆっくりと乾燥に向かう熱帯雨林において果物や木の実などが減り、森で食物を獲得することが難しくなり、森林での食物獲得競争が激化する。長期の乾期を生きるものたちにとっては、なおさら果物の獲得が困難になってゆく。


 440万年前、果物の獲得量が減少する時代での生存戦略として、一人の妻と少人数の家族を養って子孫を残すという選択をしたラミダスは、特定の妻と子を守り確実に自身の子を残すという戦略のもと、強靱な体や犬歯をもったものよりも食物の採集能力をもったものがより多くの子孫を残すこととなる。


 やがて、住処からはなれた木々から、そして地面を越えた先にある森林から果物を採取するため、両手でかかえて果物を持ち帰るものたちが現れる。両手で果物をかかえて持ち移動し、地面に置き、またかかえて移動する。その繰り返しの中で、二足歩行を活用してより多くの食料を運ぶことができるものたちの子孫が増え、直立二足歩行をより確実にしていった。そして、370万年前にはサバンナ化が進むが、季節によって茂る疎林や、川辺に残る森などが湿在する環境において、居住地から草原に進出し、豆や草の種、葉や茎のほか、地中の根や球根、昆虫、動物の腐肉など、さまざまな食べ物にチャレンジしてゆく。


 それにしても、食物の採集を優先し、強靱な体を捨て、足の遅い直立二足歩行を選択し、草原に進出をめざすとはずいぶん無謀な選択をしたもので、早々に絶滅してしまっても不思議はなかった。草原に出ることで肉食獣に襲われる危険が増え、二足歩行で目立つにもかかわらず、足が遅く戦うこともできない。ヒトの草原への進出は、複数の家族が集まって数十人の集団で行動するというコミュニティとコミュニケーションとの共進化とともに100万年以上の長いときをかけて徐々に進められていったのだった


「フューチャー・リテラシー インデックス」


参考書籍:

[1] NHKスペシャル「人類誕生」制作班(2018), "NHK スペシャル 人類誕生", 馬場悠男監修, 学研プラス

[2] NHKスペシャル「人類誕生」制作班(2018), "大逆転! 奇跡の人類史", 馬場悠男, 海部陽介監修, NHK出版

[3] 松沢哲郎(2018), "分かち合う心の進化", 岩波書店



tag : フューチャーリテラシ、美意識、人類誕生、ネットワー

道具との共進化への道(1):人類の源泉

●人類進化の源泉、オルドヴァイ渓谷[1][2]


 今も続く進化のホットスポットの一つ「アフリカ/グレート・リフト・バレー[3]、多くの哺乳類の進化を促し、そして類人猿からヒトへの分岐は西リフト・バレーと東リフト・バレーに囲まれたヴィクトリア湖の東、オルドヴァイ渓谷に始まった。


 1000500万年前、地下マントルの上昇によってアフリカ大陸を引き裂くように、南北7000kmにもおよぶグレート・リフト・バレーの巨大な谷を形成し、谷の両側にいくつもの高い火山が生まれ、そのいくつかからは放射性元素を含むマグマが間欠的に噴出していた。ヒトの祖先たちは、溶岩由来の栄養に富む土壌で繁殖する熱帯雨林に惹かれてオルドヴァイ渓谷に集まり、気づくと周囲を谷と火山に囲まれ、谷を越え他の地域に広がっていったのは冒険精神とサバイバル能力にたけた一部のものたちだけだった。グレート・リフト・バレーは、ヒトの越えるべき壁として立ちはだかったのだ。そして、ほとんどは渓谷周辺にとどまり、地形の変化による湿潤な気候の時代と半砂漠化した時代の繰り返し、火山の爆発の脅威にさらされ、ゆっくりとサバンナ化する環境変化とともに生活様式と身体を適応させる。そして、オルドヴァイ渓谷周辺が人類進化の源泉となった。


ウィキペディア(Wikipedia)大地溝帯より(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E6%BA%9D%E5%B8%AF)

                ウィキペディア(Wikipedia)大地溝帯より



参考書籍:

[1] 丸山茂徳(2018), "地球史を読み解く", 放送大学教育振興会

[2] 丸山茂樹(2020),"最新 地球と生命の誕生と進化:[全地球史アトラス]ガイドブック", 清水書院

[3] ティス・ゴールドシュミット(1999), "ダーウィンの箱庭 ヴィクトリア湖", 草思社


tag : フューチャーリテラシ、美意識、ネットワーク、未来、

プロフィール

佐藤基

Author:佐藤基
『フューチャー・リテラシー -- 過去・現在・未来、複雑系の未来を読み解く』
を執筆中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR