【閑話】:ヒトと道具の共生って?メディア論おさらい

●ヒトと道具の共生って?メディア論おさらい、未来へ続く


 ヒトと道具の共進化がヒトを進化の枝から分岐させ、脳と道具(メディア)の共進化」「言葉と脳の共進化」がヒトの「思考」を変化させる「ヒトと道具(言葉)の共進化」は「文化」をつくる。世代を超えて「文化」を伝える遺伝子としてミームを提唱したドーキンスの着眼点に今更ながらに唸る。[3]

 

整理してみよう


ヒトと道具の共進化

 ・ヒトは環境変化に「道具」を発明・改良して適応する。

 ・「道具」は「文化」を形成し、世代を越えて伝えられる。

 ・「道具」は、利用の学習により「脳」の思考方法に変化を与える。思考方法の変化も世代を超えて伝えられる。

 ・「道具」によって変化した「思考」によって、新たな「道具」を生み出し、「道具」と「脳」はフィードバック・ループを形成して「共進化」する

 

脳と言葉の共進化

 ・「言葉」は「脳」内で意識や論理的な思考を行うときに使う。だから、「言葉」の語彙と文法は、直接「思考」に影響を与える。

 ・「言葉」による「思考」は、非意識や暗黙知にも影響を与えて、記憶・想起される。

 ・ヒトは環境変化に合わせて「言葉」を改良し、ヒトと「言葉」はフィードバック・ループを形成して「共進化」する

 

声の言葉と書く言葉[4][5]

 ・「声の言葉」は、聴衆を対象とし、周囲の環境に影響を受け、発するとすぐに消えてしまい、保存することができない。このため、記憶に残り、語りついでいくための工夫がこらされた。アーティスティックで演劇的な手法だ。

 ・「書く言葉」は、アルファベットの誕生と、活版印刷の発明により急速に広まり「読む言葉」の文化を退け、「思考」方法を急速に変化させる。

 ・黙読は、論理的、要素還元的、記述的な思考方法を植えつけ、近代の科学や数学などを発展させた。

 ・一方で、暗唱的な「記憶」能力、美意識による「直感」、論理的に記述しがたいアーティストとしてのバランス感覚を弱体化させる。

 

 ヒトとコンピュータの共生を推進した、リックライダーエンゲルバートアラン・ケイ「ヒトとコンピュータの共進化」「道具と思考の相互作用」を十分に認識していて[6]、さらにアラン・ケイはコンピュータ時代の「書く言葉」が「プログラムのようなもの」になるとさえ考えていた[7]

 

 生まれた時からテレビを見て育ち、インターネットやゲームに時間を費やして、本を読まない(読めない)ヒトが急激に増加している[8]。つづく未来がどのようなものになるのかについては、未来編でいっしょに考えてみたい。

 

フューチャー・リテラシー:インデックス

「脳」と「道具」の共進化

ヒトと道具が紡ぐメタ進化

「言葉」使いとともに成長する「意識」

「声の言葉」と「書く言葉」、哲学と数学の誕生

ヒトとコンピュータの共生


参考書籍:

[1] M.マクルーハン(1986), "グーテンベルクの銀河系 :哲学人間の形成", 森常治訳, みすず書房
- Marshall McLuhan(1962), "The Gutenberg Galaxy: The Making of Typographic Man", University of Toronto Press
[2] アントニオ・ダマシオ(2019), "進化の意外な順序", 高橋洋訳, 白揚社
- Antonio Damasio(2018), "The Strange Order of Things: Life, Feeling, and the Making of Cultures", Pantheon
[3] リチャード・ドーキンス(2006), "利己的な遺伝子", 日高敏隆, 岸由二, 羽田節子, 垂水雄二訳, 紀伊国屋書店
- Richard Dawkins(1976/1989), "THE SELFISH GENE(30th anniversaty edition", Oxford University Press
[4] ウォルター・J・オング(1991), "声の文化と文字の文化", 桜井直文, 林仁正寛, 糟谷啓介訳, 藤原書店
[5] エリック・A・ハヴロク(1997), "プラトン序説", 村岡晋一訳, 新書館
[6] 西垣通(1997), "思想としてのパソコン", NTT出版
[7] アラン・ケイ(1992), "アラン・ケイ", 浜野保樹監修, 鶴岡雄二訳, アスキー出版局
[8] ニコラス・G・カー(2010), "ネット・バカ :インターネットがわたしたちの脳にしていること", 篠儀直子, 青土社
- Nicholus Carr(2010), "The Shallows :What the Internet Is Doing Our Brains", W W Norton & Co Inc


tag : フューチャーリテラシ, 複雑系, メディア, ネット, 未来, ミクロ・マクロ・ネットワーク, 脳, 文字

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤基

Author:佐藤基
『フューチャー・リテラシー -- 過去・現在・未来、複雑系の未来を読み解く』
を執筆中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR