【閑話】後編『ミクロ・マクロ・ネットワーク】で織る未来』サマリー

 これからしばらく、過去編をお休みして、しばらく後編の『【ミクロ・マクロ・ネットワーク】で織る未来』について書いていきます。三章、四章の実例では、筆写の専門分野のコンピュータネットワークサービスやコミュニケーションサービスについて例示します。

 

後編のサマリーです。

 

二章 【型・編】:未来を読み解く散策法

 「未来を読み解く」ための散策方法について記述します。


 前半のビッグヒストリーから一転して、「未来を読み解く」へとステージをうつします。商品開発では、「アイデアの創出」⇒「コンセプト整理」⇒「プロトタイプ開発」⇒「商品開発」⇒「商品販売」⇒「販売の継続」へとステップアップする毎にコストも期間もかかり、また周囲を巻き込みながら予算や人員を獲得してゆかなければならず、成功者となるのはごく一握りとなります。より良いものであるほど競合相手が同時に発生し、ステップを上がるにつれて選択と絞り込みが行われるということです。一方で、多くの人々は、初期の闘いに参戦せずに、成功者の後からニッチの領域で闘いをくりひろげています。後編の主題は、より先んじて「未来を読み解く」ことにより、より早く先頭を走る、もしくは未来の動向予測をふまえ先んじて準備・行動することにあります

 

 この方法を使えばすぐに「未来を読み解ける」わけでも、短期で解決する発想法を提示するわけでもない、地道な努力が前提となる。ある特定の分野に絞るのではなく、より広い視野で材料を集め、整理し、思考を組み立て、読み解くための方法について提案します。

 

2.1 ミクロ・マクロ・ネットワーク」モデル


 未来を読み解く際に利用する「ミクロ・マクロ・ネットワーク」モデルとは何かについて説明。個々のパーツを定義していくと面倒な感じになりますが、さらっと流してもらって、実際には臨機応変に適用することになります。使い方については、三章以降の実例で感覚をつかんでもらいます。

 

2.2 フィールドワークと情報編集


 実際にフィールドワーク(野外調査)をしてもいいですが、ここでは専門分野にこだわらない書籍などの散策もフィールドワークとしています。マクルーハンの時代(1986年)から書籍などの印刷情報爆発が指摘されていますが、インターネットの時代になって指数関数的に増大しています。国会図書館の所蔵数は4492点、書籍だけで1154万点、読み切れません。新規のアイデアや考え方と思っていても、大抵のことは先人の知恵として執筆されているわけです。研究でも、ビジネスでもそうですが、オリジナリティを追求するあまり、ともすると専門分野にとらわれ視野が狭くなりがち。先人の知恵である書籍には筆写の歴史がつまっており、書籍化することで世間の荒波にもまれている。これを活用しないのは時間の無駄。インターネットの時代である今日、ネット情報も併用しつつ先人の知恵=ヒューマンエンジンを使って、材料を集め、整理し、思考を組み立て、物語として読み解いていく編集方法を提案します。


 筆写が普段から実践してきた方法に近いものを書籍に求めると、ありますね、KJ法で有名な川喜田二郎の「発想法」、これを主軸にして、松岡正剛の「知の編集工学」、梅棹忠夫の「知的生産の技術」、外山滋比古の「思考の整理学」などを参考にまとめます。

 第三の推論法「アブダクション」や「非意識」・「暗黙知の活用」、「メタファー」や「アナロジー」なども組み込んでいく予定。

 

2.3 アイデアプロセッシングの道具


 かつてはカードにまとめる技法が情報編集を行うために便利でしたが、なんといっても全文検索で串刺しにできるコンピュータが便利。アイデアプロセッシングの道具としてコンピュータアプリケーション、携帯との連携を中心にどのようなものが必要となるかについて、要件と自分が使っている環境を紹介。筆写が使っていないアプリケーションについてもバリエーションとして紹介したいと考えています。

 

三章 【顧・紡】:1990年から観た未来

  ここでは、1990年代に考えて製品化、プロトタイプ、ジャストアイデアについてミクロ・マクロ・ネットワークとの対応を例示します。日本で初めてインターネットサービスプロバイダーがサービスを開始したのが1992年、インターネット利用が定着する以前から直後の話となります。


CardTerm with Mackun(シェアウェア)・1988

・情報オブジェクトとメタ情報(プリプロトタイプ)・1989

・リソース変化に適応する仮想巨大コンピュータ(ジャストアイデア)・1990

・自律分散するバーチャルオフィス(構想)・1992

・曖昧なヒトの要求を獲得して提案する(プリプロトタイプ)・1994

・モノとマネーを仮想化するゲーム環境(ジャストアイデア)・1995

・近くにいるヒトに気づきを与えるレコメンドエンジン(製品販売)・1995

・行動履歴プラットホーム(プロトタイプ)・1996

【閑話】情報空間を3次元に写像する・1999

 

四章 【活・織】:2020年から描く未来

 いよいよ現代から未来の読み解きにとりかかります。


4.1 計画されている「未来の種」


 10年後、30年後としてすでに計画されているものを紹介します。インターネットやAIのおかげで、SF的なものが全部できる気になっていて、結構沢山あるものをどうまとめるか悩みます。しかし、これをベースに次を考えなければいけないので。

 

4.2 コミュニケーション・インフレーション 

 -- 「知」の断片化がもたらすヒトの「未来」--


 未来を具体的に読み解いてみます。まだあまり考えていないけれどなんとかなるかな~と直感。超未来のゴールとしては、高野和明の「ジェノサイド」やテッド・チャン「あなたの人生の物語(映画:メッセージの原作)」のように複雑系を思考できるヒトの進化があるとして、そのための30年後ってどうなるのか?というのがあります。

 ここに入る前に、過去編で「神経と脳」「錯覚と推論」「資本主義」あたりにもどります。


五章 【環・綾】 螺旋:知の淵を渦巻く振り子


 螺旋というのは当初からタイトルだけおいてあります。最後に書いておかなければならないことがあるように直感するからです。暗黙知と形式知、ミクロとマクロ、非線形コンテンツの螺旋をグルグルと回します。

 

tag : フューチャーリテラシ, 複雑系, メディア, ミクロ・マクロ・ネットワーク ネットワーク, 未来, 技術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤基

Author:佐藤基
『フューチャー・リテラシー -- 過去・現在・未来、複雑系の未来を読み解く』
を執筆中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR