未来を読み解くためのアブダクション(仮説推論)

 ヒトの脳は、意識下で様々な判断を行い行動している、アブダクション(仮説推論)を用いて未来を読み解く際に役立つのが、ヒトの「美意識」と「ヒラメキ」そして「暗黙知」だ。

●美意識とヒラメキ、アブダクション(仮説推論)


 アブダクションの「仮説」を設定する際には、次のような条件を意識するといいだろう[1][2]

 1)「もっともらしさ」(plausibility)
  ぴったりくる、うまくあてはまりそう、似合っている、いい具合だ
 2)「検証的可能性」(verifiability)
  証明もしくは反証しやすいこと
 3)「取り扱い単純性」(simplicity)
  単純なものを選ぶこと
 4)「思考の経済性」(economy)
  3)に関連して、思考の複雑性をとりのぞくこと

 そして、ちょうどいい「仮説」を思いついたときに、「気持ちがいい」「すっきりした!」「単純で美しい!」と思える瞬間がおとずれ、ヒラメキの警笛が鳴る。

 この条件判断に、ヒトの美しいと感じる感情、「美意識」が活躍する。

 ヒトは「感情」を利用して、言葉に翻訳していては間に合わない事象に対して、意識する前に瞬時に判断して行動することができる[3]。この「感情」という即応装置の一つが「美しい」と感じる能力であり、自然が発する諸法則を発見する即応装置として働き[4]、自然のなかで様々な色が交じり合う風景、昆虫や鉱物の模様、さらにヒトが表現する芸術(絵画・音楽・文芸など)が奏でる旋律の中に「美しさ」を見出す。

 さらに、芸術作品だけでなく、多くの研究者や技術者、プログラマー、学生たちが、新しい発想や道筋を得た時に「美しい」と感じる「ヒラメキ」の瞬間を、すっきり!、Ahaなどの感嘆とともに体験しており[5]、「暗黙知」を活用して正しさを「直感」する能力にも関係する。「美意識」の基準は、時代や地域、文化などの周囲の環境に影響を受け、適応し、変化と安定を繰り返している。

●ヒラメキを誘発する暗黙知


「暗黙知」とは、

「経験的に使っている知識だが簡単に言葉で説明できない知識」[6]

と定義される。

 社内でドキュメント化されておらず社員に共有されていない技能を「暗黙知」と表現し、マニュアルを作成することにより「形式知」とするといった表現で使われる。

「暗黙知」は、その活用方法から次のように分類される。

【暗黙知の分類】

 1.身体知
  例えば、顔の識別、自転車の運転
 2.経験知(ノウハウ)
  例えば、職業的な技術の習得
 3.発明を促す知識

 一般に、暗黙知=経験値ととらえる傾向にあるが、本書ではマイケル・ポランニーが主題とする「発明を促す知識」としての「暗黙知」に着目する[7]

 ポランニーによると、問題の探究における3つの段階に「暗黙知」が活用されるという。

【問題の探求における3つの段階】

(1)問題を妥当に認識する  ⇒仮説の問題設定
(2)問題解決の道筋を見出す ⇒仮説までの道筋の導出
(3)発見の正当性を感知する ⇒美意識、仮説設定

 未来を読み解くための問題設定、「仮説設定」において発見の正当性を感知する「美意識」、「仮説」に至る道筋を見出す際に「暗黙知」が活用される

●未来を読み解くためのアブダクション(仮説推論)


 「未来を読み解く」ときにアブダクション(仮説推論)が有効だが、未来の事象であるため「驚くべき事実C」が不確かな場合がほとんどだ。このため、解くべき課題に含まれる「ゆきずまり」に気づき、おや?と思う「意外性」や「例外性」を早めに発見して「驚くべき事実」として設定するアプローチをとることとなる。

【未来を読み解くためのアブダクション】

・現状のゆきずまり: 解くべき課題に含まれる「ゆきずまり」
・驚くべき事実C: 未来の事実を発見的に設定
・仮説H: 「仮説H」が真であれば「事実C」が当然のこととなる仮説

例えば、スマートフォンを片手に利用する未来を30年前に読み解くときに、

 現状のゆきずまり:パソコンは便利な知的生産のための装置だが机の上に拘束されている
 驚くべき事実C:30年後には片手でパソコンを持ち歩いて使っている。
 仮説H:そのような端末は、メモ帳サイズで、軽量で、パソコンで使える様々なアプリケーションを片手で操作できる端末に違いない。

という具合に、「事実C」を発見的に設定する。

 アブダクションは、帰納と違い「われわれが直接に観察したこととは違う種類の何ものか」を推論でき、「飛躍」がある。一方で、「仮説H」を設定する際に誤りをおかしやすい。「仮説」を設定し、ある程度具体化した段階で、「仮説」がどのぐらい経験的な観測にあてはまるかを帰納し、適当なタイミングで「仮説」と「帰納」の間を演繹的な実証説明で論理立てアプローチが必要だ。

●未来を読み解くための美意識と暗黙知


 「未来を読み解く」ために1)命題を設定する、2)命題に含まれる「驚くべき事実C」を導出する、3)「仮説」を設定する、4)「仮説」への道筋を導出するときに美しいと感じる能力=「美意識」が活躍する。「美意識」は、個人においては「暗黙知」というイメージの集合をもとに直感的な分類装置=発見的評価フィルタとして機能し、「美しさ」の基準を共有する集団においては新たな発想を受け容れその有用性を選別するための保守的評価フィルタとして機能する。

 「仮説」を設定し「美しい」と感じる能力を有効に活用するためには、その前提となる「暗黙知」の質と量を増やす必要がある。業務における技術、マーケティング、企画立案などに関する専門知識は大前提だが、テーマとは少し距離のありそうな本、自然科学や社会組織・経済(ときに哲学、芸術、宗教)などのテーマでピン!とくる、何かひっかかる書籍からの知識の収集が広い発想の基盤となる。書籍の散策については後述する。


参考書籍:
[1] 米盛裕二(2007), "アブダクション - 仮説と発見の論理", 頸草書房
[2] 松岡正剛(2019), "先夜千冊エディション 編集力", 角川ソフィア文庫
[3] アントニオ・ダマシオ(2019), "進化の意外な順序", 高橋洋訳, 白揚社
[4] ロジェ・カイヨワ(1972), "自然と美学 --形体・美・芸術--", 山口三夫訳, 法政大学出版局
    "Roger Caillois(1962), "Esthetique generalisee", Gallimard
[5] アーサー・ケストラー(1967), "創造活動の理論", 吉村鎮夫訳, ラティス
    Arthur Koestler(1964), "The Act of Creation", Hutchinson 
[7] マイケル・ポランニー(2003), "暗黙知の次元", 高橋勇夫, ちくま文芸文庫
    Michael Polanyi(1966), "The Tacit Dimension", London, Routledge

tag : フューチャーリテラシ, 複雑系, メディア, 未来, ミクロ・マクロ・ネットワーク, 技術, 科学, 発想法

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤基

Author:佐藤基
『フューチャー・リテラシー -- 過去・現在・未来、複雑系の未来を読み解く』
を執筆中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR