パーソナル通信アシスタント: CardTerm with Mackun(1988年)

第三章 1990年から観た未来

  本章では「ミクロ・マクロ・ネットワーク」モデルとアイデア・プロセッシングのサンプルとして、1990年代に読み解いた未来(現代ではあたりまえとなったサービス・コンセプト)を例として紹介する。
 今あるコミュニケーション、ネットワークをベースとして次のメタ・コミュニケーション、メタ・ネットワークを問い続けることにより、次の時代のサービスに気づくことができる。

3.1 商品として具体化したもの

・パーソナル通信アシスタント: CardTerm with Mackun(1988年)
気づきのあるネットワーク・サービス:AwarenessNet(1995年)
------------------------------------------------------

 Windows95が発売される7年前、パソコンのマンマシン・インタフェースがUnixのようにコマンドラインだった1988年。Mac PlusとHyperCardから「思考のためのコンピュータ」の新しい風を感じて衝撃を受けていたとき、HyperCardスタック・ウェア・コンテストが開催された。
 人とコンピュータの共生

----------
用語:
Mackun(マックン): パソコンを擬人化したアシスタントの呼称
HyperCard: Machintoshに標準搭載されたマルチメディア・オーサリング環境
スタック(・ウェア): HyperCardで作成されたファイル
----------

●お題(テーマ):MacLife誌にて


 HyperCardを利用したスタック・ウェア・コンテストで優勝を狙う
 ⇒到達フェーズ: 日本最初期のオープンソース&シェアウェア販売

CardTerm.jpg

Mackun2.jpg


〇背景(1988年):


■通信環境

  日本で本格的にインターネットが利用される7年前の1988年末、通信速度は現在の1万分の1以下であり、携帯電話はまだ普及していない。通信サービスといえばパソコンからテキストで書き込むメールと掲示板だった。

■HyperCardスタック・ウェア・コンテスト

 MacLife誌において、第一回HyperCardスタック・ウェア・コンテストが開催された。優勝商品は、100万円以上する高嶺の花Macintosh IIだ。HyperCardは1.4章でも紹介した、Apple社のMachintosh上で標準で搭載される開発・実行環境。Webブラウザのような画面に、簡易データベースや画像・音声つきの絵本/百科事典などを素人でも簡単に作ることができ、人とコンピュータとの新しいコミュニケーションの未来を垣間見させてくれるマルチメディア・オーサリング環境だ。ネットワーク通信機能機能は搭載されていないので、通常は1人で利用する。
MacとHyperCardが描いた小世界


〇環境条件


■現状把握

・パソコンへの入力: マウス、キーボード
・パソコンからの出力: ディスプレイ
・マンマシン・インタフェース: 
 - デスクトップ: デスクトップ・メタファー
 - HyperCard: カード・メタファー(カード、ボタン、フィールド)
・ネットワーク・サービス:
 パソコン通信サービス(メール、掲示板:現代の2chやMixi)

■競合相手の予測

 HyperCardが得意とするのは、インタラクティブなマルチメディアアプリやカード型のデータベースであり、次のような応募が予想される。

 ・音声、画像を含むマルチメディア百科辞典
 ・アドベンチャーゲーム、動くインタラクティブ絵本
 ・教材: クリックすると変化するインタラクティブ教材
 ・自分用データベース: CD、本の所有管理など


〇着想:作戦


 皆と同じジャンルで群を抜くのは難しい。パーソナル・メディアの針をちょっと先に動かして「人がコンピュータと共生するコミュニケーション環境の未来を描く」ことにした。


〇「ミクロ・マクロ・ネットワーク」で考えてみる


・「ミクロ・マクロ・ネットワーク」モデルで、アイデアの不確かな部分を確認する。
⇒省略


〇アイデアを言葉で表現する:


 ・クレーム(短文): 人のパートナーとしてアシスタント=Mackunが支援してくれる生活
 ・ネーム(呼称): ウィズ・マックン(with Mackun)

Mackun(マックン): パソコンを擬人化したアシスタントの呼称

-----------------------------------------------

●コンセプト編集


〇6W1Hで表現する


・いつWhen: 日々の生活
・どこでWhere: 家で
・誰がWho: 人が
・誰にWhom: マックンに
・何を(する)What: 依頼する
・なぜWhy: 手伝って欲しいから
・どのようにHow: 音声で


〇曖昧な言葉、キーワードを明確にする


いつWhen: 日々の生活
 日々の生活といっても、当時は携帯がないのでパソコンに向かっているときや、パソコンと同じ部屋にいるときということになる。

 筆者のパソコンの用途(1988年):
  ・パソコン通信(メール、掲示板)の利用
  ・HyperCardでの作品作成
  ・Actaというアイデア・プロセッサでアイデア収集と編集
  ・ゲーム

何を(する)What: 依頼する
 具体的に依頼したい内容は?
 ・朝起こしてもらう
 ・届いているメールの読み上げ
 ・掲示板に掲載されている内容の読み上げ
 ・カップラーメンの時間など指定した時間が経過したら教えてくれる
 ・プログラミングや作品づくり、アイデア整理の支援。。。。は難しいか?

どのようにHow: 音声で
 「音声認識」技術はまだ未熟なため、今回のコンテストでは「音声合成」のみを使う。
 依頼方法は、キーボードやマウスでトリガーをかけることになるが、連続する動作シーケンスをあらかじめ簡単に「依頼」しておけるようにしたい。


〇「ミクロ・マクロ・ネットワーク」でコンセプトを具体化する


■構成要素:


【ミクロなコミュニケーション】
 ・人がマックンに操作シーケンスを依頼し、マックンが自動操作&音声応答する

【ミクロなネットワーク】
 ・操作シーケンスによってつながる人・マックン・操作の連鎖
 ・マックンを介したパソコン通信ネットワーク
 ⇒マックンの手足はパソコン内から、ネットワークへと伸びていく

【人とマックンの周囲の環境】
 ・人の生活環境、パソコン通信(メール、掲示板)

【メタ・ネットワーク】
 ・人の生活シーケンスをマックンが統合して紡ぐ「新生活」
 ・マックンたちのコミュニケーション・ネットワーク

【Machintoshで使える技術】
 ・英語の音声合成、HyperCardおよび他言語による追加関数

■ネットワークの特性:


【人の生活の多次元性・多重所属】
 ・ヒトの人は複数(通常生活、仕事、趣味など)の生活シーケンスに多重所属する

【フィードバック・ループ、学習、動的適応】
 ・生活シーケンスのサポートをマックンに依頼し、マックンが日常のルーティーンを学習、生活サポートを繰り返すことにより徐々に「新生活」を充実させていく


〇派生アイデア・メモ


・マックンが秘書となって、アイデア整理を手伝ってくれるメモ帳・ノート
・マックンどうしがコミュニケーションして、スケジュール調整や制御シーケンスの有効活用などの情報交換を行うアシスタント・ネットワーク


〇コンセプトを簡単な文章で表現する


 気分は2001年宇宙の旅のHAL!
 「朝、Mackunの声で目覚め、起床とともに届いたメールやスケジュールを読み上げる、Mackunとともにある日常」


〇コンセプト・シナリオ 


()はボタンなどでの操作

 マックン: 「朝です起きて下さい!」
 私: (眠い目をこすりながら目覚めると)
 マックン: 「メールが届いています、読み上げますか?」
 私: (OK)
 マックン: 。。。メールの内容を読み上げる。。。

 マックン: 「今日のスケジュールを読み上げますか?」
 私: (OK)
 マックン: 「今日は、10時に眼科に行く予定です」

 私: (掲示板を読み上げてもらえるかな)
 マックン: (パソコン通信に接続&ログイン)⇒(掲示板を読み上げる。。)


-----------------------------------------------

●応募作品の具体化


〇作成するツール


 次の3つのツールをCardTermとして統合して搭載。

1)カード型パソコン通信環境:CardTerm
 複数のカードを作成・管理、各カードからパソコン通信にアクセスでき、メールや掲示板の表示内容をそのままカードとして保存・管理できる。パソコン通信への自動接続&ログイン機能を搭載。
 ターミナル関数を自作してHyperCardに追加。

2)日本語を読み上げる:Mackun
 漢字、ひらがな、カナ、数字、英語を識別して音声で読み上げる。応募作品は、連続する漢字を音読み、単独の漢字を訓読みするシンプルなもの。CardTermに、「記入したテキスト」「メール」「掲示板」などの読み上げを搭載する。
 英語の音声合成MacinTalkの音素変換をベースに日本語音声合成を自作。HyperCardに追加。英語音素だとアメリカ的カタコト読みになるのはご愛嬌。

3)操作シーケンス記録・再生スケジューラ:OperationRecorder
 録音機のメタファーで、「人の操作」を読み取り、プログラムに変換して記録と再生をすることにより、日常のルーティーンを自動プログラムする。
 記録中の「操作」をHyperCardのプログラムとして記録、後から「操作」を再生できる。ボタンのクリックや、テキストの記入、音をならす、Mackunで日本語でしゃべるなど。再生スケジュールを指定できるので、「オートログイン」「オートダイヤル」「目覚まし」や「メールの自動ダウンロードと読み上げ」「タイマー」を標準搭載。


〇その後


「HyperCard with Makun」がコンテストで優勝
・漢字辞書を追加、登録機能と1万語の辞書を搭載してシェアウェア販売
・MacPower誌コンテストにアイデア・プロセッシング・ノート「HyperNote with Makun」で優勝
・最近までPICやRadberryPiで、音声機能やリモコン機能を搭載してホームコントロールを自作していたが、ついにアレクサに置きかえた。いつか、音声でチェスができるようにしたい。


●現代の類似サービス


 現代のサービスで表現すると、音声認識は搭載していないが次のようになる。
・アレクサ+RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)+カード型通信環境

フューチャー・リテラシー:インデックス 

気づきのあるネットワーク・サービス:アイデア編集
気づきのあるネットワーク・サービス:コンセプトの具体化
気づきのあるネットワーク・サービス:ビジネスの具体化

参考:
[1] "日本語ハイパーカード スタックウェア・コンテスト グランプリ発表!", MAC LIFE No.11, 1989

tag : フューチャーリテラシ, 複雑系, メディア, 未来, ミクロ・マクロ・ネットワーク, 発想法, 未来予想

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤基

Author:佐藤基
『フューチャー・リテラシー -- 過去・現在・未来、複雑系の未来を読み解く』
を執筆中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR