「美しい」と感じる能力

ヒトには「美しい」と感じる能力があります。自然のなかで様々な色が交じり合う風景、昆虫や鉱物の模様、さらにヒトが表現する芸術(絵画・音楽・文芸など)が奏でる旋律の中に「美しさ」を見出します。

一方で、芸術作品だけでなく、多くの研究者や技術者、プログラマー、学生たちが、新しい発想や道筋を得た時に「美しい」と感じる瞬間(エウレカ!、Ahaなどの感嘆)を体験しており[1]、暗黙知を活用して正しさを「直感」する能力にもかかわっています。

ヒトの「感情」は、言葉に翻訳していては間に合わない事象に、少ないエネルギーで即座に対応ためのイメージの分類装置として機能します[2]。「感情」の一つである「美しい」もまた、自然から分泌される諸法則を発見する[3]分類装置として進化してきたと考えられます。一方で、その基準は、時代や地域、文化などの周囲の環境に影響を受け、適応し、変化と安定を繰り返しています。

本書のテーマである「ヒラメキ」において、「美しい」と感じる能力は、個人においては、暗黙知というイメージの集合をもとに「問題解決の道筋を見出す」「発見の正当性を感知する」際の直感的な分類装置=発見的評価フィルタとして機能し、「美しさ」の基準を共有する集団においては、新たな発想を受け容れる際にその有用性を選別するための保守的評価フィルタとして機能すると考えられます。

 

今後、「ヒラメキ」における、「美しい」と感じる能力の役割についても整理してゆきたいと思います。


参考文献:

[1] アーサー・ケストラー(1967), "創造活動の理論", 吉村鎮夫訳, ラティス

    Arthur Koestler(1964), "The Act of Creation", Hutchinson 

[2] - アントニオ・ダマシオ(2019), "進化の意外な順序", 高橋洋訳, 白揚社

    Antonio Damasio(2018), "The Strange Order of Things: Life, Feeling, and the Making of Cultures", Pantheon

[3] ロジェ・カイヨワ(1972), "自然と美学 --形体・美・芸術--", 山口三夫訳, 法政大学出版局

    "Roger Caillois(1962), "Esthétique généralisée", Gallimard



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤基

Author:佐藤基
『フューチャー・リテラシー -- 過去・現在・未来、複雑系の未来を読み解く』
を執筆中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR